コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

触ればふ フレバウ

デジタル大辞泉の解説

ふれ‐ば・う〔‐ばふ〕【触ればふ】

[動ハ四]
触れる。接触する。
「この春は賤(しづ)が垣根に―・ひて梅が香とめむ人親しまむ」〈山家集・上〉
かかわりあう。関係を持つ。
「ことさらにも、かの御あたりに―・はせむに、などか覚えの劣らむ」〈・行幸〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

触ればふの関連キーワード梅が香

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android