コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

計量診断 けいりょうしんだんnumerical diagnosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

計量診断
けいりょうしんだん
numerical diagnosis

患者に関する情報を数量化し,これをある一定の論理に従って処理をして病名診断にいたる,客観的な診断過程。医師が患者の症状から主として経験と直観に頼って病名を決めていた,従来の臨床診断に対して使われる用語。 1950年代から統計学コンピュータなどの進歩に伴って始められており,これによる実地臨床を自動診断,コンピュータ診断,論理診断などともいう。また,このような手法によって最適な治療法を決めていくことを,計量治療学という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

計量診断の関連キーワード多変量解析

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android