コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

記別 きべつvyākaraṇa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

記別
きべつ
vyākaraṇa

仏教用語。「ある者が未来に悟りを得るであろう」という意味の予言をいう。のち授記ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

き‐べつ【記別】

仏語。仏が、弟子たちの来世の悟りの内容を予言すること。仏となることの予言。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きべつ【記別】

〘仏〙 仏が弟子たちに、将来仏陀となることを示し、それぞれの劫数ごうすう・国土・仏名・寿命などを明らかにする予言。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

記別の関連キーワード狩野素川(1)淡谷 のり子恋娘昔八丈十二部経史料大成それぞれ菅沼曲翠中臣寿詞羽倉簡堂外記日記日次記高芙蓉中臣氏仏語寿命硯箱寿詞国土

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android