コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成仏 じょうぶつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

成仏
じょうぶつ

修行者が種々の修行を実践して,仏教究極の目的である悟りに到達すること。仏陀となること。その修行の期間,方法,また成しうる可能性,条件などに関しては,種々の説がある。たとえば,成仏しえない一闡提と呼ばれる人々も成仏しうるとする説や,草木のような生物すら成仏するなどの諸説がある。日本では俗には死ぬことを成仏ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じょう‐ぶつ〔ジヤウ‐〕【成仏】

[名](スル)仏語。
煩悩(ぼんのう)を断ち、無上の悟りを開くこと。
死んで、この世に未練を残さず仏となること。また、死ぬこと。「安らかに成仏する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

葬儀辞典の解説

成仏

悟りを開き仏になること。または、単に死ぬことを意味する。

出典 葬儀ベストネット葬儀辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょうぶつ【成仏】

仏(ほとけ)になること,〈さとり〉を開くこと。仏教の開祖釈迦(しやか)は,ブッダガヤーの菩提樹の下の金剛宝座明の明星を見て仏陀(ぶつだ)Buddha,すなわち覚(さと)れるものとなった。〈さとり〉をさまたげる煩悩(ぼんのう)から解き放たれる意味で解脱(げだつ)といい,仏(覚れるもの)と成るという意味で成仏という。釈迦が入滅した後,仏弟子たちは成仏を求めて禅定(ぜんじよう)や止観(しかん)とよぶ宗教的瞑想につとめた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じょうぶつ【成仏】

( 名 ) スル
〘仏〙 煩悩ぼんのうを解脱げだつし、悟りを開いて仏となること。得仏。
死んで、この世に執着を残さず仏となること。
死ぬこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

成仏
じょうぶつ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の成仏の言及

【戒名】より

…これが戒名というものの常識的な意味であるが,宗教的には人間としての人格を捨てて,仏となって永遠の仏格を得たことを表す。いわゆる成仏したしるしとして戒名で呼ぶのである。したがって戒名は,仏教とその成仏を表現できるような文字を選んで名付けられるものである。…

【灌頂】より

…灌頂はサンスクリットでアビシェーカabhiṣekaまたはアビシェーチャナabhiṣecanaといい,もとインドで帝王の即位や立太子のときに行われた儀式で,たとえば〈即位灌頂〉においては四大海の水を頭頂に注ぎ,それによって四海に至るまでの全世界の掌握を象徴したのである。これが仏教にもとり入れられ,大乗仏教では最後の修行を終えた菩薩が悟りを開いて仏になるとき,諸仏から智水の灌頂を受けて成仏するものとされた。仏は真理界の帝王(法王)であるから,成仏を法王の位に即(つ)くことになぞらえたのである。…

※「成仏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

成仏の関連キーワード一期の灌頂・一期の潅頂大分県国東市国東町成仏草木国土悉皆成仏提婆達多品一期の灌頂即身成仏義救世の闡提五百塵点劫捨身成道鎌倉時代非情成仏即身菩提六根罪障悉皆成仏草木成仏変成男子一切皆成無垢世界応和宗論五巻の日

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

成仏の関連情報