コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

記憶痕跡 きおくこんせき memory trace

翻訳|memory trace

1件 の用語解説(記憶痕跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

記憶痕跡
きおくこんせき
memory trace

心理学用語。経験の残存過程,または保存機能をになう実体として想定されるもの。たとえば,痕跡間の干渉や融合によって記憶内容の変容や忘却が起ると考えられる。神経細胞内のリボ核酸がこれに関与しているとする説や神経細胞間の閉回路が基礎となるとする説がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

記憶痕跡の関連キーワード個人心理学心理主義青年心理学幼児心理学位相心理学内観法個性心理学混化進化心理学《経験的立場からの心理学》

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

記憶痕跡の関連情報