コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忘却 ぼうきゃく forgetting

5件 の用語解説(忘却の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

忘却
ぼうきゃく
forgetting

以前に経験したり学習したりしたものの保持が,一時的または永続的に減退ないし喪失すること。その場合,学習した材料を再生再認したり,学習した行動を遂行したりする能力が低下する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐きゃく〔バウ‐〕【忘却】

[名](スル)すっかり忘れてしまうこと。忘れ去ること。「―のかなた」「―し得ないできごと」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうきゃく【忘却 forgetting】

経験内容を想起できないこと。学習効果の減弱も一種の忘却である。記憶の保持は時間とともに減少し,忘却率が増大する(エビングハウスの〈忘却曲線〉)。無意味な,関心の薄いものは忘れやすく,感動的体験や反復記銘は保持を良くする。自分に不都合なことは思い出しにくい傾向がある(抑圧の心理機制)。忘れていても再認は可能で,記憶は残っていることが多い。しかし,脳障害(老年痴呆,中毒,外傷,腫瘍,脳炎など)では記憶自体が失われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぼうきゃく【忘却】

( 名 ) スル
忘れ去ること。忘れてしまうこと。 「前後を-する」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

忘却
ぼうきゃく
forgetting

記憶したことが想(おも)い出せないことを意味するが、保持あるいは把持retentionに対して用いる。[小川 隆]

忘却の条件

忘却は時間経過とともに進行するが、ドイツの心理学者エビングハウスの古典的研究(『記憶について』1885刊)では、無意味つづりのリストを完全に記銘したのち、分、時、日、週、月の諸時隔にわたって再学習法による想起を確かめている。節約率は一時間後に50%に低下し、その後、負の加速度をもって漸近線に近づくが、これを保持曲線retention curveという。保持曲線の別名が忘却曲線である。忘却曲線は種々な条件下でその後研究されたが、記銘後に低下した保持量がしばらくして一時回復することが明らかになり、これはレミニセンスreminiscenceといわれる。記銘時と想起時との間の時程での経験の差が忘却に強く影響を与える。睡眠時には覚醒(かくせい)時に比べて保持率は早く漸近線に到達し、しかも高水準にあることが認められている。2種の類似した項目リストを次々に記銘すると、前の記銘が後の記銘を干渉することがあり、これを順(前)向抑制proactive inhibitionという。同様な干渉は後の記銘による前の記銘に対しても生じ、これを溯(そ)(逆)向(こう)抑制retroactive inhibitionという。干渉は項目の中程度の類似で著しい。また、記銘間の時間については記銘直後の記銘、想起直前の記銘の干渉効果が著しい。記銘項目を記銘後復唱することが保持にとって有効で、復唱を禁止すると忘却が促進される。[小川 隆]

忘れがたいもの

感性的な直接記憶は秒単位で消失するが、短期記憶に残される保持量も多くはない。長期記憶に残される項目はさらに制限されるが、有意味な、連想価の高い、構造化された内容のものは忘れがたい。生活の要求に深く根ざした、自我関与の強い項目、情動と強く結び付いた項目は忘れがたい。情動でも不快なものは快に比して想起されがたいという場合があるが、これは一種の防衛機構の働きともみられる。自分の名前、生活、職業上必要な知識などは忘れないが、これらは抑制、構造、復唱などの条件について有利な性質をもつからともいえる。[小川 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

忘却の関連キーワードアンブレラ効果口コミ効果非助成想起集団学習発見学習学習効果不可測不信実践効果発展的な学習の内容

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

忘却の関連情報