記述独立方式(読み)きじゅつどくりつほうしき(英語表記)description independent system

図書館情報学用語辞典 第5版の解説

目録記入を標目と記述に分離し,記述だけを独立させたユニットカードを作成して,それを複製した個々のカードに標目を追記して記入を完成させる目録作成の方式.昭和30年代に森耕一(1923-1992)らによって提唱され,それに沿って『日本目録規則1965年版』によらない,標目と記述を分離させて展開された『整理技術テキスト』に影響を与えた.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android