コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

訟師 しょうしsong shi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

訟師
しょうし
song shi

旧中国において,訴訟当事者の背後にあってこれに入れ知恵することを常習とする者を指称した言葉。公認の弁護士制度は存在せず,訟師は官憲の禁制の目を逃れて行動する陰の存在であった。 (→公事師 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android