訥言(読み)とつげん

精選版 日本国語大辞典「訥言」の解説

とつ‐げん【訥言】

〘名〙
① しぶりがちなことば。口の重いものい。すらすらとしないしゃべりかた。〔論語里仁
② なめらかな声にならないでつかえたり、同じ音を何度も繰り返す言い方。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「訥言」の解説

とつ‐げん【×訥言】

言葉がすらすらと出ないしゃべり方。よどみがちな物言い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「訥言」の解説

【訥言】とつげん

口べた。寡言。〔論語、里仁〕君子は言に訥にして、行ひにならんことを欲す。

字通「訥」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android