コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

訪問カード

1件 の用語解説(訪問カードの意味・用語解説を検索)

就活用語集(就活大百科 キーワード1000)の解説

訪問カード

訪問カード」とは会社説明会に参加した際、会場で記入するシートのことです。説明会が始まる前に書く場合と、説明会終了後に提出する場合があります。氏名、連絡先、大学名、自己PR、志望動機、会社への質問などをその場でいきなり書かされることが多いので、最低限、志望動機ぐらいは用意してから参加した方がいいでしょう。訪問カードがエントリーシートの代わりになる場合もあるので、万年筆またはボールペンでていねいに記入してください。あわてて書くと字も乱雑になるので、ある程度余裕を持って早めに会場に到着することが大切です。会社説明会に参加する際によく誤解されるのは「その企業のことを知らないから、説明会に参加して研究する」という姿勢です。「会社説明会」は「企業研究をしてその会社に興味を持ったから、さらに詳しく知るために参加するもの」。「訪問カード」に書かれた志望動機や会社への質問を見れば、その会社に関してどの程度研究しているかがわかります。事前に企業サイトマイナビに掲載されている情報に目を通すなど、予習していくことが重要です。

出典|マイナビ2012 -学生向け就職情報サイト-
Copyright Mainichi Communications Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

訪問カードの関連キーワード清水三渓パーカー就職活動Tカードリクルーターリクルートラブ学内セミナー会社説明会(企業セミナー)合同会社説明会(合同企業セミナー)アテンダンス(Attendance)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

訪問カードの関連情報