コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

許容帯 きょようたいallowed band

1件 の用語解説(許容帯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

許容帯
きょようたい
allowed band

量子力学により,結晶中の取りうるエネルギー準位は帯構造をもち,電子が存在しうる帯域と存在しえない帯域とで構成されることが示される。この電子が存在しうるエネルギー帯域を許容帯という。電子が存在しえない帯域は禁制帯呼ばれる。結晶内の電子はフェルミ分布に従って許容帯を占める。特に絶対零度では電子はエネルギーが最低の許容帯から順次満たすが,電子を含む最高の許容帯が電子によって,(1) 一部分だけ満たされている場合と,(2) 完全に満たされている場合がある。 (1) は金属の場合でこの許容帯を伝導帯という。 (2) は絶縁体または半導体の場合で,完全に満たされている許容帯は充満帯と呼ばれ,共有結合性の結晶では価電子帯とも呼ばれる。禁制帯をへだてた空の許容帯は,光や熱エネルギーによって励起された電子を含むことができ,この電子は金属の場合のように自由に動くことができる。したがってこの許容帯を伝導帯とも呼ぶ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone