コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

訳を立てる ワケヲタテル

2件 の用語解説(訳を立てるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

訳(わけ)を立・てる

物事の筋道を明らかにする。話をつける。また、支払い勘定をする。
情を通じる。男女の交わりをする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

わけをたてる【訳を立てる】

事を処理する。始末をつける。 「小さんが身請、さつぱりと-・ててしまはつしやれ/歌舞伎・隅田春」
支払いをすませる。 「家賃の-・てい/歌舞伎・韓人漢文」
男女が情を通ずる。 「元舟に乗りうつり、分たててのち/浮世草子・一代女 3
理由を説明する。 「其の-・てなされにや、これ科ないお前に疵が付くぞえ/浄瑠璃・一谷嫩軍記」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

訳を立てるの関連キーワード勝負砂山接触多端チェリー花菱事物紀原刑事★イチロー浄瑠璃秘伝抄事(歌舞伎)