コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

註釈学派 ちゅうしゃくがくは Glossatoren

1件 の用語解説(註釈学派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

註釈学派
ちゅうしゃくがくは
Glossatoren

ボローニャ学派とも呼ばれる。 11世紀末~13世紀中葉に北イタリアボローニャを中心に栄えた法学の一派。ユスチニアヌス帝の『ローマ法大全』全体を有機的完結体と考え,その無欠性および円満な体系を信じて,法典中の規定や用語に「註釈」を加え,法典写本の余白や行間に書入れる方法を用いて,補完し,合理化しようとした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

註釈学派の関連キーワードボローニャ大学ボローニャ派ボローニャ学派ボローニャソーセージナイト・オブ・ボローニャボローニャ市立劇場管弦楽団ボローニャ セルロイドボローニャ ディバインボローニャ・パッション注釈学派

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone