コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

註釈学派 ちゅうしゃくがくはGlossatoren

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

註釈学派
ちゅうしゃくがくは
Glossatoren

ボローニャ学派とも呼ばれる。 11世紀末~13世紀中葉に北イタリアボローニャを中心に栄えた法学の一派。ユスチニアヌス帝の『ローマ法大全』全体を有機的完結体と考え,その無欠性および円満な体系を信じて,法典中の規定や用語に「註釈」を加え,法典写本の余白や行間に書入れる方法を用いて,補完し,合理化しようとした。註釈学派の名称はこれに由来する。註釈学派は,ローマ法研究の復活,発展途上にあった教会法学の開花に貢献したのみならず,近代法律解釈学の創設に最大の役割を演じた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone