コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詠出 エイシュツ

デジタル大辞泉の解説

えい‐しゅつ【詠出】

[名](スル)詩歌を作り出すこと。詩歌の形で思想・感慨を表現すること。また、その詩歌。
「一編の詩現われて当時火の如かりし自由の理想を―し」〈独歩・独歩吟・序〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えいしゅつ【詠出】

( 名 ) スル
詩歌をよむこと。また、ある思想や感慨などを詩歌の形で表現すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

詠出の関連キーワード藤原定家(ふじわらのていか)建礼門院右京大夫集六百番歌合日野資実小沢蘆庵近代秀歌防人歌湯原王長奥麿感慨本説詩歌

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android