コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詣す ケイス

デジタル大辞泉の解説

けい・す【詣す】

[動サ変]寺や神社にもうでる。参詣する。
「宇佐宮(うさのみや)に―・して」〈盛衰記・一八〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けいす【詣す】

( 動サ変 )
参詣する。もうでる。 「かの妙音菩薩は霊山浄土に-・して/平家 5

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

詣すの関連キーワード朝観音に夕薬師御手洗参り二万五千日年越し詣で六阿弥陀石山詣で厄神詣で妙音菩薩御岳参り大仏商法伊勢代参富士詣で御岳精進七日詣で伊達参り勝鬘参り山上詣り春日竜神参り下向熊野詣で

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android