コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不孝 ふきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不孝
ふきょう

八虐の第7。律の用語。祖父母・父母の告訴,その生存中の戸籍・財産の分割,父母の喪中の嫁娶・音奏・平服着用,祖父母・父母の喪中に挙哀 (こあい) せず,その死を詐称父祖の妾を犯した場合などが,この罪に該当する。唐律の「内乱」を含む。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふ‐きょう〔‐ケウ〕【不孝】

[名・形動ナリ]
ふこう(不孝)」に同じ。
「―なるは仏の道にもいみじくこそ言ひたれ」〈・蛍〉
律の八虐の一。祖父母や父母を訴えたりののしったりする罪。
中世、父母がその子を勘当すること。義絶。
「父母これを聞きて大きに怒りて、やがて―したりければ」〈沙石集・一〉

ふ‐こう〔‐カウ〕【不孝】

[名・形動]孝行でないこと。また、そのさま。「不孝な(の)息子」「親不孝

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふきょう【不孝】

古代,中世に行われた親族法上の法律用語。(1)古代の律令法では,特定の犯罪行為。すなわち大宝・養老律(名例律)に,国家の秩序をゆるがす八つの重罪(八虐(はちぎやく))の一つとして不孝の罪が定められた。その内容は,祖父母,父母を訴え,呪詛し,罵詈(ばり)し,祖父母,父母の生存中に勝手に戸籍,財産を分かち,父母の喪中にみずからの意思で結婚し,父の妾を姦するなど10項目に及ぶ。不孝の罪に対しては,例えば,祖父母,父母を訴えれば絞(死刑第二等),祖父母,父母を罵詈すれば徒3年に処するなど,とくに重刑が課せられたほか,皇族,高官者といえども減刑の特権が認められないなど,一般の犯罪と異なる厳格な規定が設けられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふきょう【不孝】

( 名 ・形動ナリ ) スル
〔「きょう」は呉音〕
子として親に十分に仕えない・こと(さま)。ふこう。 「 -なるは仏の道にもいみじくこそ言ひたれ/源氏
中世、父母が子を義絶すること。 「其瓜取たる児を永く-して/今昔 29
古代、律の八虐はちぎやくの一。父母・祖父母に対して呪詛じゆそ・罵詈ばりなどをなした罪。

ふこう【不孝】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
子として、親によく仕えないこと。孝行でないこと。また、そのさま。 ↔ 孝行 「 -者」 「先立つ-をお許し下さい」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の不孝の言及

【勘当】より

…そのことは,家族生活をめぐる諸事象については各地でそれを表現する独自の民俗語彙(ごい)があるのに対し,勘当にはそれに相当する民俗語彙がなく,全国的に法制上の用語である勘当が使用されていることで裏付けられる。【福田 アジオ】 平安時代から中世にかけて,天皇や主君の勘気をこうむること,および親が子との関係を断絶すること(この意味では不孝(ふきよう),義絶ともいう)を勘当と称した。江戸時代になると,勘当の語は主として親子関係を断絶する行為を意味したが,ほかに師匠が弟子との師弟関係を断つ場合にも用いられた。…

【八虐】より

…律の条文のうち,主として儒教的見地から道徳上の教えに違反する罪を集めて,それを謀反(むへん)(反をはかる),謀大逆(大逆をはかる),謀叛(むほん)(叛をはかる),悪逆,不道,大不敬,不孝,不義の8項目に分類し(表参照),それに特別な法的効果を付与した規定。したがって八虐に当たる罪に対する刑罰がすべて重いとは限らない。…

【孝】より

…〈忠〉が機能する君臣の関係は後天的で人為的な結びつき,すなわち〈義合〉であるのに対し,〈孝〉が機能する父子の関係はいかんともしがたい先天的で自然な結びつき,すなわち〈天合〉と考えられ,したがって,臣下は君主を三たびいさめて従われないときにはそのもとを去るが,子は父を三たび諫めて従われなくとも〈号泣してこれに随う〉べきだとされた。〈孝〉は道徳的な実践のすべてに優先し,〈不孝〉は最大の罪とみなされた。聖天子の舜の父がもし殺人罪を犯した場合には,舜は天子の位を捨て,父を背に負って海浜にのがれて父とともに生活を楽しむであろうと《孟子》はいう。…

※「不孝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

不孝の関連キーワード素股が切れ上がる伯父親・叔父親切り火縄一寸成れの果て所狭きなし蓮の葉商ひ橋を掛ける唐へ投げ銀生を変える透っ波の皮八虐・八逆検分・見分不弟・不悌棒手振り掻い詰め遣ひ日記朝夕の煙死に戯け成り合ひ次第分限

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不孝の関連情報