霊山浄土(読み)りょうぜんじょうど

大辞林 第三版の解説

りょうぜんじょうど【霊山浄土】

霊山という釈迦の浄土。釈迦が教えを説いた地をその浄土とする信仰による。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

霊山浄土【りょうぜんじょうど】

仏教の浄土の一つ。霊山釈迦がしばしば説法を行ったとされる霊鷲山(りょうじゅせん)の略。したがって,霊鷲山こそ浄土だとする信仰を生んだ。ことに《法華経》は霊鷲山で説かれたので,釈迦の浄土とされ,日蓮宗系の中心的浄土となった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の霊山浄土の言及

【娑婆】より

…しかし,一方,悟りの立場から見ればこの迷いの世界はそのまま仏の悟りの世界にほかならないとして,禅宗では〈娑婆即寂光土(しやばそくじやくこうど)〉といい,迷界のほかに仏界なしと主張した。また《法華経》には,釈迦仏はこの世の霊鷲山(りようじゆせん)上において《法華経》を説いたとしているので,その説法の場所を〈霊山浄土(りようぜんじようど)〉と呼ぶこともある。この浄土は娑婆世界の中に存在するわけであるから,娑婆は釈迦仏の仏国土(ぶつこくど)とも解しうる。…

【浄土】より

…これら諸仏の浄土は,現実の世界から遠く離れた方角に存在するので,他方浄土とか十方浄土とか呼ばれる。 中国で浄土思想が流布し展開するとともに,本来は浄土思想と何らの関わりもなかった《法華経》に基づいて,霊山浄土という新しい浄土が出現した。霊山つまり霊鷲山(りようじゆせん)とは王舎城の近くにある山の名で,《法華経》が説かれたといわれる場所なのである。…

※「霊山浄土」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android