コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詫磨氏 たくまうじ

世界大百科事典 第2版の解説

たくまうじ【詫磨氏】

中世肥後の武家。志賀,田原などとならぶ大友氏の有力庶家で,大友氏初代能直の次男能秀にはじまり,歴代詫磨別当と称する。能秀は能直から譲られた託麻郡の神蔵荘を本拠とし,その地頭下司職および隣接する飽田郡の鹿子木東荘の地頭下司職を領し,管内の名主層を従えていった。その子時秀は弟顕秀とともに蒙古合戦に参戦,その功により肥前国神崎荘内の一部地頭職,筑前国志登社,肥後国合志郡村吉等の地頭職を得た。次の頼秀は白川津本司職をも得て,いよいよ肥後中央部の有力勢力となっていった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone