コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神蔵荘(読み)かみくらのしょう

百科事典マイペディアの解説

神蔵荘【かみくらのしょう】

肥後国託麻(たくま)郡にあった最勝光院を本家とする王家領荘園。神倉荘とも記される。託麻郡のうち託麻西郷の大部分を占めており,現熊本市の白川左岸の大湧水地帯の西部に広がる。初め郡名荘託麻荘があり,同荘が安富(やすとみ)荘と神蔵荘に分化,安富荘を託麻本荘というのに対し,当荘は託麻新荘とよばれた。成立直後の領家は浄土寺大納言法師御房(藤原公房か),田数は716町5段。1199年当時の下司は中原親能,下司代は橘宗頼。その後下司職は詫磨氏に相伝された。一方,王家領に属する得分の一部は大覚寺統に相伝された。南北朝期には荘園としての機能は失われた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かみくらのしょう【神蔵荘】

神倉荘とも書く。鎌倉初期,肥後国託麻郡に成立した後白河院皇后建春門院御願寺最勝光院を本家とする荘園。ほぼ今日の熊本市の白川以南の部分を占め,詫麻西郷に属し,安富荘の託麻本荘に対し,詫麻新荘と呼ばれた。本来半不輸部分を多くふくむ郡名荘託麻荘があり,鎌倉幕府の成立にともなう荘園公領制の再編成によって成立したものであろう。成立後まもないころの領家は浄土寺大納言法師御房(藤原公房?)で,田数(公田)は28名716町5反であり,本年貢120疋を最勝光院御念仏衣服料として出すことになっていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android