田原(読み)タハラ

  • たわら
  • たわら たはら
  • 田原 ティアン-ユアン

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1965- 平成時代の詩人,日本文学者。
1965年11月10日中国河南省生まれ。1991年(平成3)来日留学。13年留学生文学賞。15年「谷川俊太郎論」で文学博士号を取得。東北大で中国語講師をつとめる。22年日本語詩集「記憶」でH氏賞著作ほかに中国版「谷川俊太郎詩選」,「異邦人―辻井喬詩歌選」,詩集「そうしてが誕生した」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

京都府綴喜郡内の地名。広くは宇治田原町全体を指すが,狭義では同町の北部奥山田西端高尾(こうの)を除いた地帯を指す。四方を山に囲まれ,南側一帯に旧石器の出土層がつらなり,奥山田では黒曜石が採収される。〈和銅開珎〉も出土し,字郷之口(ごうくち)に古墳がある。また字南(みなみ)に奈良時代の窯跡もある。字荒木(あらき)に山滝(さんりゆう)寺跡があり,奈良前期のが散在している。764年(天平宝字8)の恵美押勝の乱のとき,追討軍が〈田原道〉を通ったことが,文献史料の初見である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

愛知県南部、渥美あつみ半島の大部分を占める市。自動車・セメント・食品工場などが立地。花卉かき・野菜を栽培。西端は伊良湖いらご岬。田原城址がある。
姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

愛知県南部、渥美半島の地名。江戸時代、三宅氏一万二千石の城下町三河湾港町として発達。昭和四三年(一九六八)の豊川用水の開通から園芸農業が盛んに行なわれる。渡辺崋山自刃の地として知られ、また、縄文後期の吉胡(よしご)貝塚がある。平成一五年(二〇〇三)市制。
京都府綴喜(つづき)郡の旧村名。昭和三一年(一九五六)宇治田原村と合体して宇治田原町の一部となる。
※二十巻本和名抄(934頃)六「綴喜郡〈略〉田原〈多八良〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田原の関連情報