コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詫磨顕秀 たくま あきひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

詫磨顕秀 たくま-あきひで

?-? 鎌倉時代の武士。
詫磨能秀(よしひで)の子。弘安(こうあん)4年(1281)の蒙古襲来の際の戦功により肥後(熊本県)合志(こうし)郡村吉に田地と屋敷をあたえられた。通称は又四郎。法名は浄意。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

詫磨顕秀の関連キーワード詫磨能秀

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android