コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合志 こうし

4件 の用語解説(合志の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

合志
こうし

熊本県北部,合志市東部の旧町域。阿蘇山の西麓,合志台地に位置する。 1966年町制。 2006年西合志町と合体して合志市となる。畑作に陸稲,サツマイモスイカ,牧草,飼料作物を栽培,酪農と養鶏が行なわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうし〔カフシ〕【合志】

熊本県中北部にある市。熊本市に隣接しベッドタウン化が進む。北部地域は穀倉地帯をなす。平成18年(2006)2月に合志町・西合志(にしごうし)町が合併して成立。人口5.5万(2010)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうし【合志】

熊本県北部の市。畑作が中心だったが、近年工場などが進出。熊本市に隣接し、住宅地化も進む。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

合志
こうし

熊本県北部、菊池(きくち)郡にあった旧町名(合志町(まち))。現在は合志市の東部を占める。旧合志町は1966年(昭和41)町制施行。町名はかつての郡名(合志郡)によった。2006年(平成18)西合志町と合併、市制施行して合志市となった。旧町域は北西端から中心に向けて直線的に延びる合志川の支流「おこぎ川」によって開析された低地を除けば、全域、火山灰土壌で覆われた段丘礫(れき)層からなる台地である。耕地の中心は畑地で、第二次世界大戦前までは西日本一の養蚕業地を支えた桑園が広く分布し、麦、陸稲、豆、サツマイモなどが自給作物として栽培されていた。1960年代前半からは、開田が進むとともに、乳牛・鶏の飼養、タバコ・野菜の栽培などが盛んになり、農業経営が多角化している。さらに、純農村景観に大きな変化を与えたのは、オートバイ部品をおもにつくる合志技研工業(1976年操業)、日本たばこ産業原料工場(1979年操業)などに代表される工場進出である。「竹迫(たかば)観音祭」(毎年7月10日の夜)は地区の人々、親類縁者の親睦(しんぼく)を意図した「祭りの原型」を残すものとして知られている。また、幾久富(きくどみ)の御手洗(みたらい)遺跡は、火山灰台地上の遺跡として、九州の縄文文化を考えるうえで見落とせない。[山口守人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

合志の関連情報