詳審(読み)ショウシン

デジタル大辞泉の解説

しょう‐しん〔シヤウ‐〕【詳審】

[名・形動ナリ]くわしいこと。細かいところにまでゆきとどくこと。また、そのさま。
「幾たび討論しても―ならず」〈蘭学階梯

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうしん【詳審】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
行き届いてくわしい・こと(さま)。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐しん シャウ‥【詳審】

〘名〙 (形動) 細かい所にまでわたっていて、くわしいこと。つまびらかにすること。また、そのさま。
※蘭学階梯(1783)上「幾たび討論しても詳審ならず」 〔漢書‐霍光伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android