コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

認め シタタメ

デジタル大辞泉の解説

したため【認め】

整理すること。処理。
「人の死にたりけるに、その後の―など為させむとて」〈今昔・二七・二三〉
準備すること。支度。
「今宵しもあらじと思ひつる事どもの―、いと程なくきはぎはしきを」〈夕霧
食事をすること。
「最後の用意というて、さしてかはった用意もあるまい、先づ―などもよくして心静かに」〈伎・韓人漢文〉

みとめ【認め】

みとめること。
認め印」の略。
見通し。予測。
「先の―が付かなかった」〈二葉亭訳・片恋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みとめ【認め】

〔動詞「認める」の連用形から〕
「認印みとめいん」の略。 「 -を押す」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

認めの関連キーワードアロステリックタンパク質国家公務員の労働基本権永住外国人の地方参政権航空重大インシデントサラリーマンの副業自転車の交通ルールオフィシャルゲームオーソグラフィーキロミクロン血症権利能力なき社団合併対価の柔軟化固定為替相場制土地請負経営権朱印地・黒印地本態性高血圧ロンドン会議磁気熱量効果外国人参政権物権的請求権磁気発熱効果

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

認めの関連情報