認め(読み)シタタメ

デジタル大辞泉の解説

したため【認め】

整理すること。処理。
「人の死にたりけるに、その後の―など為させむとて」〈今昔・二七・二三〉
準備すること。支度。
「今宵しもあらじと思ひつる事どもの―、いと程なくきはぎはしきを」〈夕霧
食事をすること。
「最後の用意というて、さしてかはった用意もあるまい、先づ―などもよくして心静かに」〈・韓人漢文〉

みとめ【認め】

みとめること。
認め印」の
見通し。予測。
「先の―が付かなかった」〈二葉亭訳・片恋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例