認め印(読み)みとめいん

日本大百科全書(ニッポニカ)「認め印」の解説

認め印
みとめいん

実印でない個人の印章。印鑑証明書をとれるように市町村長などに届け出てある実印でない、普通の判こをいう。印鑑証明書がとれず、1人で何個でももつことができるので、取引上は実印ほど重んじられず、重要な取引では実印が要求されることが多い。しかし、押印の法律上の効力については実印と認め印とで差異はない。なお、職印に対して公務員個人の印章を認め印とよぶこともある。

[高橋康之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android