コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誘導化石 ゆうどうかせき

2件 の用語解説(誘導化石の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

誘導化石
ゆうどうかせき

二次化石」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

誘導化石
ゆうどうかせき

地層中に含まれていた化石が侵食作用により洗い出され、より新しい時代の地層に再堆積(たいせき)したもの。二次化石ともいう。これに対し、古生物遺骸(いがい)がそれと同時代の堆積物中で化石化したものを一次化石といって、大部分の化石がこれに含まれる。誘導化石は産出がまれで、同じ地層中の一次化石より古い時代を示すため、化石の産出の状態や化石群を構成する種の生存期間を詳しく調べることによって識別できる。具体例としては、西南日本の中生界の大規模な海底地すべり層中に含まれる化石群の一部があげられ、古生代を示すフズリナ(紡錘虫)やコノドントが誘導化石として中生代の放散虫化石などと同じ地層から産する例がある。[棚部一成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の誘導化石の言及

【化石】より

…異地性化石の場合,遺骸が生活地より堆積地までの間,長距離を運搬されても,現地性化石と同時期のもの(同時的異地性化石)とみなされる。それに対して,いったん化石となったものが,その後の地殻変動などにより地層中より洗い出され,また再び別の地層中に埋没されたもの(異時的異地性化石)は誘導化石derived fossilあるいは二次化石,再堆積化石などと呼ばれる。
【化石の採集法】
 化石の採集にあたって必要なのは,採集用の道具,採集地に関する知識,および効果的な採集手段についての経験である。…

※「誘導化石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone