コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誘導運動 ゆうどううんどうinduced movement

3件 の用語解説(誘導運動の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

誘導運動
ゆうどううんどう
induced movement

周囲の他の対象の運動によって,実際には静止している対象があたかも動いているように見える現象。雲間の月が動いたり,橋の上から川の流れを見ていると橋が動いているように見えたりする運動印象。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ゆうどう‐うんどう〔イウダウ‐〕【誘導運動】

心理学で、運動知覚の一。月夜の空に流れる雲を見ていると、雲が止まって月が雲の動きと逆方向に動いて見える現象、また、止まっている電車に乗っているとき、隣りの電車が動くと自分のほうが動いたと感じる現象など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆうどううんどう【誘導運動】

〘心〙 運動の知覚の一。雲の流れにつれて月が動いているように見えたり、隣の列車の動きにつれて自分の乗っている列車が動いているように感じたりする現象。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone