コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誤報 ゴホウ

デジタル大辞泉の解説

ご‐ほう【誤報】

まちがった知らせ。報道されたことが事実と違っていること。「事件は誤報だった」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごほう【誤報】

( 名 ) スル
間違えて知らせること。また、間違った知らせ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の誤報の言及

【虚報・誤報】より

…客観的〈事実fact〉と,ある部分,ある側面が明白に違う報道(主としてマス・メディアの)を誤報といい,その極大化したもの,取材源,ジャーナリスト,構成者の思いこみ,推定ミスなどによるものにせよ,意図的な作為によるにせよ,まったく事実でないこと,起こっていないことを,あったかのように報ずるのを虚報という。フィクションを現実のニュースとして提供するのと,善意,悪意を問わず,フィクションを混入するのとの違いではあるが,具体的事例にそくして,両者の間に境界線をひくことは難しく,ふつう日用語では誤報という用語で一括している。…

※「誤報」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

誤報の関連キーワード互・五・伍・午・吾・呉・娯・後・御・悟・期・梧・碁・語・誤・護シラー(Friedrich von Schiller)デューイ(Thomas Edward Dewey)アウィディウス・カッシウス放送倫理・番組向上機構アンサイクロペディアピーター アーネットシカゴ・トリビューンロメオとジュリエットメディア・スクラムジュノーと孔雀東京日日新聞天皇の影法師アントニウスプロメチウム教科書事件エレクトラJアラートフェードル佐村河内守

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

誤報の関連情報