誤報(読み)ごほう

精選版 日本国語大辞典の解説

ご‐ほう【誤報】

〘名〙 まちがって知らせること。事実と違うことを知らせること。また、そのしらせや報道。
※明治卅三年十月十五日記事(1900)〈正岡子規〉「此度の事は誤報臆測等より出でたる間違ひなれども」 〔王逢‐古宮怨〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の誤報の言及

【虚報・誤報】より

…客観的〈事実fact〉と,ある部分,ある側面が明白に違う報道(主としてマス・メディアの)を誤報といい,その極大化したもの,取材源,ジャーナリスト,構成者の思いこみ,推定ミスなどによるものにせよ,意図的な作為によるにせよ,まったく事実でないこと,起こっていないことを,あったかのように報ずるのを虚報という。フィクションを現実のニュースとして提供するのと,善意,悪意を問わず,フィクションを混入するのとの違いではあるが,具体的事例にそくして,両者の間に境界線をひくことは難しく,ふつう日用語では誤報という用語で一括している。…

※「誤報」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android