コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誦文 ズモン

デジタル大辞泉の解説

ず‐もん【×誦文】

《「ず」は「じゅ」の直音表記》呪文(じゅもん)を唱えること。また、その文句。
「はなひて―する」〈・二八〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ずもん【誦文】

まじないの文句を唱えること。じゅもん。 「はなひて(=クシャミシテ)-する/枕草子 28

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

誦文の関連キーワードチョイジャムツィーン オイドフ東大寺諷誦文稿ムンダー諸語分き分きし熊野の本地尊助法親王負ひ持つ三条公忠少弐貞経日本文学仏教文学まじないあめつち袋草紙万葉集声聞師安居院小説渋い諷誦

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android