コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

読(み)手 ヨミテ

デジタル大辞泉の解説

よみ‐て【読(み)手】

文章を読む人。また、読む役の人。「宣誓書の読み手
歌ガルタで、読み札を読む役の人。取り手に対していう。
(「詠み手」とも書く)詩歌、俳句などの作者。また、詩歌の上手な作者。

どく‐しゅ【読手】

読み手2」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どくしゅ【読手】

競技カルタで、札を読み上げる人。吟者。読み手。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

読(み)手の関連キーワード競技カルタ宣誓書

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

読(み)手の関連情報