宣誓書(読み)センセイショ

大辞林 第三版の解説

せんせいしょ【宣誓書】

宣誓の趣旨を一定の文言で表した文書。通常、訴訟手続などでは証人等は、この文書を朗読して宣誓を行い、公務員の服務に関する宣誓は、宣誓書に署名して行う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の宣誓書の言及

【宣誓】より

…宣誓した証人等が虚偽の陳述をすれば,偽証罪に問われる(刑法169条,171条)。宣誓は,まず宣誓の趣旨を説明し,偽証の罰を告げたうえで,宣誓書を朗読させ,かつ宣誓書に署名押印させることによってなされる。原則として尋問の前に,起立して厳粛に行われなければならない(民事訴訟規則112条)。…

※「宣誓書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宣誓書の関連情報