宣誓書(読み)せんせいしょ

精選版 日本国語大辞典「宣誓書」の解説

せんせい‐しょ【宣誓書】

〘名〙
① 宣誓する旨を記した文書。また、誓った内容を記した文書。誓紙。
② 証人・鑑定人・当事者・通訳が宣誓をするさい、朗読して署名押印する公文書。良心に従い真実を述べるという趣旨が記載されている。
※刑事訴訟法(明治二三年)(1890)一二二条「裁判所書記は証人に宣誓書を読聞かせ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の宣誓書の言及

【宣誓】より

…宣誓した証人等が虚偽の陳述をすれば,偽証罪に問われる(刑法169条,171条)。宣誓は,まず宣誓の趣旨を説明し,偽証の罰を告げたうえで,宣誓書を朗読させ,かつ宣誓書に署名押印させることによってなされる。原則として尋問の前に,起立して厳粛に行われなければならない(民事訴訟規則112条)。…

※「宣誓書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android