コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

読音統一会 どくおんとういつかい Dú yīn tŏng yī huì

1件 の用語解説(読音統一会の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

どくおんとういつかい【読音統一会 Dú yīn tŏng yī huì】

中華民国教育部が招集して国語統一を審議した会議。1913年2月から5月にかけて開かれた。最大の難物に全力を集中しようと,名称のとおり,発音だけを扱ったが,〈国語〉の根本的基礎を確定したといえる。そもそも漢字の音を示すには伝統的に反切(はんせつ)が用いられていたが,これは必ずしも一般大衆にとって習得は容易でなかった。そこで大衆がたやすく文字学習できるよう比較的常用する6500余の文字を選んで,各省1票という投票形式をとり,その共通の発音を決定した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

読音統一会の関連キーワード王克敏広東政府国語審議会辛亥革命中央教育審議会中華民国五色旗民国日台清水董三

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone