国語科(読み)コクゴカ

  • こくごか ‥クヮ
  • こくごか〔クワ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 学校の教科の一つ。国語の理解と表現の学習を目的とする科目。
② 国文学や国語学を専門に学修するコースの意。狭義には国文学専攻と対比し国語学専攻の意に用いられる。
※国語のため(1895)〈上田万年〉国語研究に就て「国語科の下で、文法の講義はあります」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の国語科の言及

【国語教育】より

外国語教育と対比して国語教育ということばが使われる場合,このことばは母国語教育ということばと重なる。 現在,国語教育は学校においてその能力の育成をめざして編成された諸教科(日本なら国語科)で中心的に行われているが,それはこの教育が公用語(国家語)を国民に広め一般化するという目標をもって出発したという事情と無縁ではない。けれども国語の力は,とくに日本のように(事実上の)公用語と日常の生活言語が重なっているような国では,定型的に組織された学校における教科の教育のなかでのみはぐくまれると考えるべきではなく,誕生後,親や地域社会が施す非系統的であるがたんねんな母語の教育のなかではぐくまれる面が大きい。…

※「国語科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国語科の関連情報