コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

調停神学 ちょうていしんがくVermittlungstheologie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

調停神学
ちょうていしんがく
Vermittlungstheologie

F.リュッケ,A.トベステン,アレクサンダー・シュバイツァーらを中心とする 19世紀のドイツ・プロテスタント神学の一傾向。シュライエルマッハーの影響のもとに,左派の自由主義神学と右派の信条主義神学との中道を目指す神学で,ルター派の伝統的正統信仰と近代自然科学とを「調停」しようとした。教会伝統の尊重,聖書主義,改革派への接近などをその特色とした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の調停神学の言及

【ケーラー】より

…ハレ大学組織神学教授。ローテR.Rothe,トールック,ミュラーJ.Müller,ベックJ.T.Beck,ホフマンJ.C.K.von Hofmannの影響を受け,さらに信仰覚醒運動の影響も受けて,保守的信条主義とも急進的自由神学とも異なるいわゆる〈調停神学〉の立場に立った。その神学の中心は,宗教改革の根本原理である〈信仰義認〉であって,彼は弁証学の中でこの義認信仰の前提を,教義学の中でその対象を,倫理学の中でその実証を展開した。…

※「調停神学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

調停神学の関連キーワードマーチン ケーラーバイシュラークトールックドルナーケーラーニッチ