コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖書主義 せいしょしゅぎBiblicism

翻訳|Biblicism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖書主義
せいしょしゅぎ
Biblicism

広義では教会の教義や伝統あるいはキリスト教的理想主義を主張する思想傾向に対して聖書的権威のみを主張する神学に用いられるが,狭義ではコクツェーユスクルージウスベンゲルエティンガーベック,キューベル,ホフマン,M.ケーラーらによって知られる 18~19世紀にドイツに出現した神学的立場をさし,聖書を神の意志の完結した体系すなわち救済史と理解し世界史をその直接的展開と考え,合理主義,自由主義,歴史主義に反対し,「聖書のみ」の立場で敬虔主義の信仰を堅持している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

聖書主義の関連キーワードルフェーブル・デタープルプロテスタンティズムピューリタンシュラッターカルビニズムロラード派クレーマー宗教改革カルバンフッカー調停神学

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android