コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

調子者 チョウシモノ

デジタル大辞泉の解説

ちょうし‐もの〔テウシ‐〕【調子者】

(多く「お調子」の形で用いる)
おだてに乗って勢いづいたり、得意になったりする人。調子に乗って軽はずみなことをする人。「お調子者でだまされやすい」
いい加減に相手と調子を合わせる人。「主体性のない調子者

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうしもの【調子者】

(普通「お調子者」の形で)
調子にのって軽はずみなことを言ったりしたりする人。おだてられるとすぐ得意になって勢いづく人。おっちょこちょい。
その場に合わせていい加減なことを言う人。無責任に迎合する人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

調子者の関連キーワード嘉門タツオ吉田サラダ日高光啓ヒョンギいちびり御調子者ものいい各務支考ジャコビ才勝根明

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

調子者の関連情報