コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諫争/諫諍 カンソウ

デジタル大辞泉の解説

かん‐そう〔‐サウ〕【×諫争/××諍】

争ってまでも強く目上をいさめること。
「策士論客は将軍に謁して一戦の奮発を促がし、―の極、声を放って号泣する」〈福沢福翁自伝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

諫争/諫諍の関連キーワード僧・層・巢・争・倉・僧・創・双・叟・叢・喪・嗽・噪・壮・壯・奏・宗・層・巣・惣・想・愴・挿・捜・掃・掻・搔・插・操・早・曹・曽・曾・桑・槍・槽・漕・漱・燥・爪・爭・爽・痩・瘦・瘡・相・窓・箏・糟・綜・総・總・聡・草・荘・莊・葬・蒼・藪・藻・装・裝・走・踪・躁・送・遭・雙・霜・騒・騷グロチウス吉田松陰

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android