コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諷詠 フウエイ

デジタル大辞泉の解説

ふう‐えい【×諷詠】

[名](スル)詩歌を作ったり、吟じたりすること。「花鳥諷詠

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふうえい【諷詠】

( 名 ) スル
詩歌を詠んだり吟じたりすること。 「花鳥-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

諷詠の関連キーワード叡・営・嬰・影・映・曳・栄・榮・永・泳・洩・營・盈・穎・翳・英・衛・衞・裔・詠・鋭ホトトギス(俳句雑誌)封・楓・諷・風川柳(短詩)栗生 純夫ホトトギス加倉井秋を水原秋桜子後藤 夜半中村草田男清崎 敏郎高浜 虚子深見けん二花鳥諷詠清崎敏郎石田波郷稲畑汀子高木晴子老荘思想高野素十

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

諷詠の関連情報