コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花鳥諷詠 カチョウフウエイ

デジタル大辞泉の解説

かちょう‐ふうえい〔クワテウ‐〕【花鳥×諷詠】

近代俳句の理念の一。俳句は、四季による自然の現象とそれに伴う人事とを、先入観念を排して純粋に叙景的に詠むのが理想であるとするもの。高浜虚子が昭和2年(1927)に主唱して以来ホトトギス派の指導理念となる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

花鳥諷詠【かちょうふうえい】

昭和初年,高浜虚子が提唱した俳句の理念。滑稽(こっけい)・閑寂という既成の俳句理念を捨てて,自然・人事を客観的にあるがままに詠(よ)み,十七字の形式を尊重し,季題の約束を守るところに叙景詩としての俳句が成立することを説いた。
→関連項目俳句

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

かちょうふうえい【花鳥諷詠】

高浜虚子が昭和初期に唱えたホトトギス派の主張。四季の変化によって生ずる自然界の現象およびそれに伴う人事界の現象を無心に客観的に詠むのが俳句の根本義であるとするもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の花鳥諷詠の言及

【俳句】より

…多行形式によって独自の俳句美を書きとめた高柳重信,〈昼顔の見えるひるすぎぽるとがる〉などの句で日本的風土とは異質の言語美をもたらした加藤郁乎,彼らもまた金子らとともに今日の前衛派をなしている。一方の伝統派は,俳句を〈花鳥諷詠〉と規定した高浜虚子に代表される。《虚子句集》(1928)の序によると,その〈花鳥諷詠〉とは四季の変化によって起こる自然界の現象,ならびにそれに伴う人事界の現象を諷詠することであり,俳句は古典的な季節詩ということになる。…

※「花鳥諷詠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

花鳥諷詠の関連キーワードホトトギス(俳句雑誌)俳句(文学)深見けん二中村草田男高浜 虚子清崎 敏郎高木晴子清崎敏郎稲畑汀子伊藤柏翠高野素十山口誓子川端茅舎不如帰自然界根本義諷詠俳論

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花鳥諷詠の関連情報