諸刃の剣(読み)もろはのつるぎ

精選版 日本国語大辞典「諸刃の剣」の解説

もろは【諸刃】 の 剣(つるぎ)

(両方に刃のついた剣は、相手を切ろうとして振り上げると、まず自分を傷つけるところから) 相手に打撃を与えると同時に、こちらもそれなりの打撃を被るおそれのあることのたとえ。また、役に立つものも使い方によっては、危険なものになりうることのたとえ。
※浄瑠璃・雪女五枚羽子板(1708)厄払ひ「両刃(もろハ)の剣にて人をきるに、振上げさまに我まづ斬らるると云ふ譬へ有」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「諸刃の剣」の解説

諸刃(もろは)の剣(つるぎ)

両辺のついたは、相手を切ろうとして振り上げると、自分をも傷つける恐れのあることから》一方では非常に役に立つが、他方では大きなを与える危険もあるもののたとえ。両刃の剣。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android