諸天三宝(読み)ショテンサンボウ

デジタル大辞泉の解説

しょてん‐さんぼう【諸天三宝】

天界の諸神と、仏・法・僧の三宝。
「諸天三宝にかけて」の意の誓いの言葉。必ず、きっとの意。
「道理が立たずば、―、言葉の下に討って捨つるぞ」〈浄・西王母

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょてんさんぼう【諸天三宝】

天界の諸神と仏・法・僧。
誓いをたてるときにいう語。必ず。きっと。 「道理が立たずは-、言葉の下に討つて捨つるぞ/浄瑠璃・日本西王母」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょてん‐さんぼう【諸天三宝】

〘名〙 (「諸天も三宝も御照覧(ごしょうらん)あれ」の意) 誓いを立てるときにいう語。
浄瑠璃・日本西王母(1699頃)四「道理が立たずは、諸天三宝、ことばの下に討ってすつるぞと、腰の刀を捻(ね)ぢ廻せば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android