諸掛(読み)しょがかり

精選版 日本国語大辞典「諸掛」の解説

しょ‐がかり【諸掛】

〘名〙
① ある物事をするのに必要ないろいろの費用。諸入費
地方凡例録(1794)一「年貢の外に高役の諸掛りあり」
② 商業上、原価以外にかかる諸費用。倉敷料、運賃、諸税、仲買手数料、雑費など。〔英和商業新辞彙(1904)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android