コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高役 たかやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高役
たかやく

江戸時代,石高に応じて割付けられ徴収された臨時的課役。多くは土木工事人夫徴集であったが,のちには代金納が一般化し,これを高役金,高役銀といった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たか‐やく【高役】

江戸時代、石高に応じて賦課された臨時の夫役金銭による代納も行われた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たかやく【高役】

江戸時代、村や個人の石高に応じて賦課した臨時の夫役。普通、治水その他の土木工事のための労役だが、貨幣による代納も行われた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

高役の関連キーワードパウサニアス(ギリシアのスパルタの将軍)クレイステネス重装歩兵民主政ストラテゴス京都町奉行勘定吟味役エフォロス神奈川奉行アルコンスパルタ高木礼子遠国奉行江戸時代奈良奉行キロン茶坊主労役貨幣家持

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高役の関連情報