コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高役 たかやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高役
たかやく

江戸時代,石高に応じて割付けられ徴収された臨時的課役。多くは土木工事人夫徴集であったが,のちには代金納が一般化し,これを高役金,高役銀といった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たか‐やく【高役】

江戸時代、石高に応じて賦課された臨時の夫役金銭による代納も行われた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たかやく【高役】

江戸時代、村や個人の石高に応じて賦課した臨時の夫役。普通、治水その他の土木工事のための労役だが、貨幣による代納も行われた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

高役の関連キーワードパウサニアス(ギリシアのスパルタの将軍)クレイステネス重装歩兵民主政ストラテゴス神奈川奉行エフォロス勘定吟味役京都町奉行遠国奉行スパルタアルコン高木礼子江戸時代奈良奉行キロン茶坊主労役貨幣家持

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高役の関連情報