コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倉敷料 クラシキリョウ

百科事典マイペディアの解説

倉敷料【くらしきりょう】

蔵敷料とも書く。保管料とも。貨物を営業倉庫に入れ保管したことに対して支払われる庫の使用料。その額は契約により定まるが,ふつう料金表によって一定されており,倉庫業法に基づく監督を受ける。
→関連項目倉庫業

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

くらしきりょう【倉敷料】

倉庫に物品を預けた場合に支払う保管料。敷料。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の倉敷料の言及

【倉庫】より

…そのほか,倉庫営業者は,倉庫証券の交付義務(598,627条1項),および点検・見本摘出等の要求に応ずる義務(616,627条2項)を負っている。 倉庫営業者は,相当の報酬(倉敷料)を請求できる(商法512条)。また,民・商法の一般規定による留置権(民法295条,商法521条)および動産保存の先取特権(民法321条)のほか,寄託物の競売の場合には競売代金についての優先弁済権が認められている。…

※「倉敷料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

倉敷料の関連キーワード蔵敷料津屋蔵宿

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android