一事(読み)いちじ

精選版 日本国語大辞典「一事」の解説

いち‐じ【一事】

〘名〙
① 一つの物事。一つの事柄
※令義解(718)宮衛・諸門出物条「凡諸門出物。无牓者。一事以上。並不出。〈謂。一事猶一物〉」
※平家(13C前)六「今生の望一事も残る処なし」 〔白居易‐除夜寄元微之詩〕
② 一つの事件。また、有事。
※浄瑠璃・大磯虎稚物語(1694頃)道行「小柴の掃部勝重とて、都伏見の中納言殿に公家奉公して罷在る。一事の力共成申さん」
③ 弓一張、また、矢五〇本の称。
※令義解(833)宮衛「凡儀仗軍器。十事以上。〈謂。弓一張。箭五十隻。各為一事〉」

ひとつ‐こと【一事】

〘名〙
① 一つの物事。一つの事柄。
源氏(1001‐14頃)朝顔「このひとつ事にてぞこの世の濁りをすすい給はざらむと」
② 同類のこと。同様な事柄。
※浮世草子・人倫糸屑(1688)自堕落「自堕落と薬帯なしは、〈略〉本一つ事也」

ひと‐こと【一事】

〘名〙 一つのこと。一つの事柄。ひとつこと。ひとふし。いちじ。
※源氏(1001‐14頃)若菜上「ひとこととしておろそかに軽め申し給ふべきには侍らねば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android