コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

謙信鮨 けんしんずし

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

けんしんずし【謙信鮨】


長野県飯山市郷土料理で、笹の葉の上にすし飯を一にぎりのせて軽く押さえ、その上に具をのせたもの。具は、大根のみそ漬けと山菜をきざんで油で炒めたもの、くるみ、紅しょうが、錦糸卵など。◇戦国時代川中島に出陣する上杉謙信に土地の者が献上したと伝えられる。「笹ずし」ともいう。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android