謡人結節(読み)ようじんけっせつ(英語表記)singer's nodules

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

謡人結節
ようじんけっせつ
singer's nodules

声帯結節または結節性声帯炎ともいわれる。歌手,教師など,声帯を酷使する人に多発する声帯の小結節で,声帯の前3分の1と中3分の1の境界にできやすい。大きさは待ち針の頭大の,白い円形または三角形で,左右両側に対称的にでき,その大小によっていろいろの程度の声の障害を起す。声を出さないよう,声帯の安静をはかるとともに薬液の注入などでなおることが多いが,切除を要する場合もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の謡人結節の言及

【声帯結節】より

…発声時に振動の最も大きい声帯の前1/3の部位に,多くの場合両側性に生ずる小さい結節様の隆起を一般に声帯結節という。別名,謡人結節あるいは歌手結節などといわれるように,声を過度に使う職業の者によくみられる。表面の色調は周囲の正常粘膜のものとほとんど変わらないことが多く,通常は声帯ポリープとは肉眼所見からも区別される。…

※「謡人結節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android