コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

謫仙 タクセン

デジタル大辞泉の解説

たく‐せん【×謫仙】

天上界から罪によって人間界に追放されたという仙人。脱俗した人や、非凡な才能の持ち主、大詩人などのたとえにいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たくせん【謫仙】

仙界から人間界に追われた仙人。非凡な才の持ち主や偉大な詩人のたとえにいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の謫仙の言及

【李白】より

…その後,江南に遊んで道士呉筠(ごいん)と知り合い,呉筠が朝廷に召し出されたのに従って初めて長安にのぼった。長安では賀知章(659‐744)の知遇を得たが,彼は李白の詩に驚嘆して〈謫仙(たくせん)〉(天上から流刑された仙人)だと言った。賀知章の推挙で玄宗に召し出され,翰林供奉(かんりんぐぶ)を授けられたのは42歳のときであった。…

※「謫仙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

謫仙の関連キーワード飛騨匠物語天上界寇謙之賀知章李白仙界