コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

警世 ケイセイ

デジタル大辞泉の解説

けい‐せい【警世】

世間の人に警告を発すること。「警世の書」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けいせい【警世】

( 名 ) スル
世間の人に警告すること。 「 -家」 「 -の一文をものする」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

警世の関連キーワードアブラハム・ア・ザンクタ・クラーラハーバート・ジョージ ウェルズ東京独立雑誌赤蝦夷風説考京本通俗小説滝崎 安之助作家の日記世事見聞録清水幾太郎経世秘策拍案驚奇貧乏物語ゲオルゲ蒲生君平今古奇観横井時敬スタシツ赤羽 一白話小説雨月物語

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android