(読み)けい

精選版 日本国語大辞典「警」の解説

けい【警】

〘名〙
① いましめること。用心すること。警戒。また、警戒を要するような状況。
日本外史(1827)一三「信長聞警、単騎赴援」 〔元史‐愛薛伝〕
天皇や貴人の出入に、さきばらいが声を出して、人々に知らせ注意を与えること。さきばらい。警蹕(けいひつ)
内裏式(833)元正受群臣朝賀式「宸儀初見、執仗者倶称警」 〔漢書‐文三王伝・梁孝王武〕

けい‐・す【警】

〘他サ変〙 いましめる。警戒する。
参天台五台山記(1072‐73)一「号銀地道場。智大師以陳大建七年、警其先兆

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「警」の解説

けい【警】[漢字項目]

[音]ケイ(漢) キョウ(キャウ)() []いましめる
学習漢字]6年
注意を与え、身を引き締めさせる。非常の事態に備える。「警戒警告警察警笛警備警報自警夜警
油断がなくすばやい。「警抜奇警
「警察」「警察官」の略。「県警婦警
難読警策(きょうざく)警蹕(けいひつ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android